実は「略語」だった驚きの言葉ランキングが発表される。

ITニュース

最近は難読不可能な略語が若者達の間で流行っており、おばさんライター(マギー)はさっぱり分からず頭が混乱しております。

若いコ達のLINEを覗かせてもらうと、はてなしかないわけですが、唯一分かるのは了解の略である「り」位でしょうか。

しかし日常の中にも略語が多く蔓延しているのです。

そこで今回は、実は「略語」だった驚きの言葉ランキングがgooランキングより発表されたのでご紹介していきたいと思います。

1位 切手元々は「切符手形」と呼ばれており、それを略して「切手」と現在呼ばれるようになりました。

最近はメールやLINEなどの連絡手段が日常ツールとなっており、切手を使う事が少なくなりました。

久しぶりに封書を出そうと切手を購入したところ、あまりの値上がりぶりに驚きを隠せませんでした。

2位 ペペロンチーノシンプルだけれどなぜか美味しくてついつい注文してしまうペペロンチーノ。

正式名称は「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」と超長いです。

イタリアンレストランでメニューにこれが載せてあっても、ペペロンチーノだと気がつかなくスルーしてしまいそうです。

3位 教科書もう教科書という物を触れなくなって十数年。

元々「教科用図書」と呼ばれていたそうですが、正式名称で呼ばれても「何それ?」って感じになりますよね。

切手も!?実は「略語」だった驚きの言葉ランキング1位 切手 切符手形2位 ペペロンチーノ アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ3位 教科書 教科用図書4位 経済 経世済民5位 ソフトクリーム softserveicecream6位 ボールペン ボールポイントペン7位 レーダー ラジオ・ディテクション・アンド・レンジング7位 軍手 軍用手袋9位 レーザー ライト・アンプリフィケーション・バイ・スティミュレイテッド・エミッションオブ・ラジエーション10位 OK ollkorrect(allcorrectの表記ゆれ)ランキングといえば、女子が思う理想の男性身長ランキングも話題となりましたが意外な結果が出てくるものです。

出典元 gooランキング https://ranking.goo.ne.jp/column/4969/画像掲載元 写真ac Pixabay(秒刊サンデー:マギー)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。