InternetExplorerとFirefoxが増加-2月デスクトップブラウザシェア

ITニュース

NetApplicationsから2018年2月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。

2018年2月はChromeとEdgeがシェアを減らし、InternetExplorer、Firefox、Safariがシェアを増やした。

2018年2月はWindows7とWindows10がシェアを減らし、Windows8.1がシェアを増やしている。

Edgeのシェアが減り、InternetExplorerのシェアが増えた背景には、こうしたオペレーティングシステムのシェア変化が影響していると見られる。

高速化技術が取り込まれたFirefoxQuantumがリリースされて以降もシェアが下落していたFirefoxだが、2018年2月は増加に転じた。

また、Safariのシェアも増加している。

SafariのシェアはMacOSのシェアと大きな関連性があり、2018年2月はMacOSのシェアが増加したことがSafariのシェア増加の要因になっていると見られる。

(後藤大地)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。