Netflixのなかの人が作った、どんぴしゃのサムネイルを抽出させるアルゴリズム「AVA」

ITニュース

Image:IvanSmuk/Shutterstock.com自分で撮った動画にも使ってみたい!映画とかドラマって楽しいんですが、見るのに時間がかかります。

でも作品のWebサイトやらチラシやらに、ある場面がキャプチャされた画像が何枚かあると、だいたいの雰囲気とか見どころがわかります。

が、そんな見どころ画像を抜粋する作業には、単に作品を通して見るよりはるかにたくさんの労力がかかっていたようです。

それを大幅に軽減すべく、Netflix(ネットフリックス)が開発したシステムがAVAです。

NetflixのテクノロジーチームがAVAについて解説してくれています。

その解説によると、通常1時間のドラマは8万6000枚という膨大なコマで構成されています。

AVAではそれをざっくりふたつのステップでふるいにかけ、よさげなコマを抽出してくれるんだそう。

ひとつめのステップでは、動画を細かいパートに切りわけ、そこに画像の明るさや色合い、構図がいいかどうかといったメタデータを付与していきます。

次のステップで各コマの俳優の映り具合や、ロングショットなのかクローズアップなのか、性的・暴力的描写の有無といった要素を加味し、コマをランキングにします。

こうして膨大なコマがそれぞれランクづけされることで、作品の要約となるような抜粋画像を取り出しやすくなるというわけです。

これによって、どれくらい画像選別作業が楽になったのかは書かれていません。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。