iPhoneを2文字で落とすバグ、送られると多数のアプリが利用不能に

ITニュース

​​​​​​iPhoneやMac、AppleWatchに、特定の文字を表示するだけでアプリが落ちるバグが見つかりました。

表示しただけでクラッシュしてしまうため、メッセージやチャットなどで問題の文字を送りつけられた場合、いきなりアプリが落ちたうえに、再び起動しても即座に落ちるループに陥る危険があります。

影響を受けるのはiMessageやSafariブラウザ、LINE、Facebookメッセンジャーほか、システム標準のコンポーネントを使う多数のアプリ。

アプリを殺す字の例iPhoneアプリを即死させる魔の文字として最初に話題になったのはこちら。

インドを中心に7000万人ほどの話者が居るテルグ語のテルグ文字です。

親しみがないとそもそも文字なのか分からない謎の記号のように見えますが、子音や母音、発音を示す記号などの字素を組み合わせた合字として表記されています。

コンピュータ内部での扱い的には、この例は制御文字を含む5つのUnicodeキャラクターからなる文字列です。

念のためここにテキストとしては置きませんが、検索すればすぐに見つかります。

余談ながら、最近ダイバーシティへの配慮で爆発的に増えているように見える絵文字も、内部的には職業+性別+肌の色のような組み合わせ。

要素と要素の間は「前後をつないで合字として表示する」意味の制御文字。

最初に話題になったのはこの文字列でしたが、有志の調査や実験の結果、テルグ語に限らず複数の言語で、構成要素に特定の記号や制御文字を含んだ合字(列)で同じクラッシュが発生することが判明しました。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。