インテル、ゲーミングの設定ができるグラフィックスドライバーをSkylake以降に提供

ITニュース

 インテルは2月13日(現地時間)、ゲーム向けの設定を自動で適用できる「IntelGraphics」向けの「IntelGraphicsDriverforWindows」バージョン15.65.3.4944をリリースした。

「RadeonRXVegaMGraphics」を搭載した第8世代Coreを含め、第6世代(Skylake)以降のCPUに適用できるとしている。

 このバージョンのドライバーをインストールすると、グラフィックスのコントロールパネルに「Gaming」のアイコンが表示されるようになる。

 このドライバーはベータ版のため、機能には制限があるという。

現在この機能がサポートしているゲームは、「Battlefield1」「Battlefield4」「AmericanTruckSimulator」「CallofDutyWWII」「Destiny2」「DOTA2」「GrandTheftAutoV」「LeagueofLegends」「Overwatch」「WorldofTanks」の10種。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。