2画面スマホ「MZ-01K」にはスマホ2台ぶんの価値がある

ITニュース

●電子書籍リーダーとしてハイパーな仕上がり!変態スマホが大好きなジャイアン鈴木です。

そんなワタシがZTEとドコモが共同開発した異色の2画面スマホ「MZ-01K」に惹かれないわけがありません。

そして結論から申しますとMZ-01Kをドコモから借用したにもかかわらず、この原稿を書く前に速攻予約しました。

発売日は2月9日!我ながらどうかしていると思いますが、そのぐらいMZ-01Kを気に入ったわけです。

今回はその理由をつらつらとお伝えしていきますね。

○スマホなのに見開き表示がキマるフルHD解像度の5.2インチ液晶を2画面持つ「MZ-01K」。

何が一番気に入ったかと言えば電子書籍リーダーとしての使い勝手です。

普段はフツーのスマホと変わらぬサイズ感で持ち歩けて、いざ本を読むときにガバっと開いて見開きで電子書籍を読めるんです。

車田正美先生の名作ボクシング漫画「リングにかけろ」のスーパーブロー「ギャラクティカファントム」や「ゴッドディメンション」などの見開き決めカットを堪能できるのは、現行スマホではMZ-01Kだけですよ。

ただワタシがメインで使っている電子書籍リーダー「AmazonKindle」ではひとつ難点があります。

書籍を読んでいる際にはちゃんと縦に見開き表示されるのですが、サムネイル表示では画面が時計回りに90度回転してしまうんですね。

致命的な不具合ではないですが解消していただきたいところです。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。