デジタルナンバープレート、米国で実用化

ITニュース

米国で「デジタルナンバープレート」の実用化が近いという(Response)。

このデジタルナンバープレートはReviverAuto社が開発するもので、ナンバープレートの代わりにディスプレイを設置し、そこにナンバーを表示するというもの。

ディスプレイとは無線で通信が可能で、ナンバープレートの更新作業などが簡単になるほか、メッセージなどを表示させることもできるという。

また、さまざまな管理機能や統計情報収集機能も提供されるという。

こういったデジタルナンバープレートはテキサス州とフロリダ州ですでに利用が認められており、またカリフォルニア州とアリゾナ州では試験的に導入が行われているそうだ。

スラドのコメントを読む|スラドにコメントを書く|テクノロジー|交通関連ストーリー:米Amazon、「スマートドアベル」を使って留守宅のドアロックを一時的に解除し商品を届けるサービスを検討中2017年10月16日車のナンバープレートの「希望ナンバー」枯渇が近づく、対策として分類番号にアルファベットを導入へ2016年07月14日米国で秘密裏に開発されている車両追跡システム2014年05月09日

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。