グーグルが取り組む“WebAR”ウェブの3Dモデルを現実に

ITニュース

グーグルのWebXRチームは、VRやAR(拡張現実)を、日常的に利用するWebブラウジングに溶け込ませたいと考えています。

チームは新たに、3Dモデルをウェブ上で閲覧し、スマートフォンカメラを通してARモデルとして表示できるプロトタイプを開発しました。

画像と同じ感覚で3Dモデルを共有今回公開されたプロトタイプは、Articleと呼ばれる3Dモデルビューワーです。

Articleはあらゆるブラウザで閲覧でき、デスクトップ・スマートフォンで簡単にドラッグ・回転・ズームといった操作を行うことができます。

Atricleでは、画像やGIFアニメを投稿するのと変わらない感覚で3Dモデルの共有ができることを目指しています。

Webページに埋め込まれたモデルをクリックすることでビューワーが起動するなど、手軽にインタラクティブなコンテンツを溶け込ませることができます。

スマートフォンでARモデルを閲覧さらにArticleでは、ARCoreに対応したAndroidスマートフォン・タブレットを用いることで、ARビューワー機能を利用することもできます。

ArticleからARCoreを起動すると、カメラを通して見える現実世界に3Dモデルを配置し、自由に眺めることができます。

ARCoreには床平面の自動検知や明度の推定など、簡単に現実世界に溶け込んだ3Dモデルを表示する機能が備わっています。

そのため、ユーザーはブラウザで見つけた3Dモデルをタップするだけで、目の前にそのモデルを呼び出すことができるようになります。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。