Appleに商標違反でクレームを付けられたイタリアのSteveJobs社、社名やロゴの使用が認められる

ITニュース

イタリアにはリンゴを想起させるロゴを使った「SteveJobs」(スティーブ・ジョブズ)という企業があるそうだ。

同社はアクセサリや衣類を手がける企業だそうで、「SteveJobs」という名称やロゴを2012年に商標登録していたという。

これに対しAppleが不当な使用だとして裁判を起こしたが、欧州共同体商標意匠庁はAppleの主張を退けたという(ギズモード・ジャパン)。

SteveJobs社のロゴはAppleのマークを思い出させるような「かじられた葉っぱ付きのJ」というものだが、意匠庁はAppleの商標を侵害してはいないとの判断を下したそうだ。

スラドのコメントを読む|スラドにコメントを書く|アップルセクション|パテント|アップル関連ストーリー:特許を無効審判から保護するためにネイティブアメリカンの部族へ譲渡するという手法2017年10月16日大量の「商標出願登録」で話題のベストライセンス、今度は「PPAP」を商標出願2017年01月26日Swatch、「Onemorething」を商標登録2015年08月24日

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。