WHO国際統計分類第11版のベータドラフト、日常生活に優先してゲームに没頭するのは「ゲーミング障害」

ITニュース

世界保健機関(WHO)が2018年の改訂に向けてベータ版ドラフトを公開中の国際統計分類第11版(ICD-11)で、行動障害の一つとして「ゲーミング障害(gamingdisorder)」が追加されている(ICD-11BetaDraft:Gamingdisorder、OnMSFTの記事、DigitalTrendsの記事)。

ゲーミング障害はビデオゲーム(オンライン・オフライン)を継続的または繰り返しプレイする行動パターンにより診断され、1)プレイする時間や頻度などをコントロールできない2)日常生活に対するゲームの優先度が増していく3)ネガティブな結果を生むにもかかわらずプレイを継続または増大させる、といった症状がみられるものだという。

ゲーミング障害と診断されるのは個人・家族・社会・教育・職業など重要な分野での機能を損なうほど深刻なゲーミング行動のパターンで、診断には少なくとも12か月を要するが、診断の要件がすべて満たされ、症状が深刻な場合には短縮されることもあるとのことだ。

スラドのコメントを読む|スラドにコメントを書く|idleセクション|医療|idle|ゲーム関連ストーリー:スマートフォンゲームは「無間地獄」?2017年08月24日栃木県壬生町、小中学生にスマートフォンや携帯電話、SNSを使用を控えるよう共同宣言を出す2016年07月20日ゲームやポルノが男らしさを喪失させる?2015年05月13日中国のゲーム依存症カップル、ゲームを優先して生まれたばかりの子供を児童売買組織に売る2014年07月15日インターネットがないと生きていけない「インターネット利用障害」2012年10月25日テレビゲーム、子供の精神疾患を引き起こす可能性2011年01月19日若年層ゲーマーの8.5%は「病的にゲーム依存」?2009年04月24日インターネット依存症=精神疾患説が再浮上2008年03月21日

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。