クレジットカード詐欺で過去の手口が使える理由

ITニュース

2017年10月、元SMAPの中居くんがクレジットカード詐欺の被害に遭いましたが、その手法は「今さら」感が否めないクレジットマスターと呼ばれるもの。

クレジットカード詐欺の昔の手口がなぜ今になって表に出るのでしょう? クレジットカード詐欺の手口と有効性を再考してみました。

クレジットカード詐欺の3つの手口クレジットカード詐欺の手口には大きく、1980年代に登場した「スキミング」と、1995年頃に登場した「クレジットカードジェネレーター」、2009年に登場したのが「クレジットマスター」の3つがあります。

結論からいうと、クレジットカード詐欺は「スキミング」と「クレジットマスター」は現在でも通用してしまう可能性が高いといえます。

何年も前からある手口が、なぜ使えてしまうのかというと、クレジットのカードの構造が50年以上前から変わっておらず、古い規格が延々と使われ続けているからです。

世界中に50億枚、100億枚ともいわれる発行済みのカードをすべて入れ替えるのは物理的に非常に困難、不可能でしょう。

ゆえに、カードの基本構造は変えられないのです。

クレジットカード詐欺を防ぐ対策そのため、現在は古さゆえの脆弱性をソフトなどの運用面でカバーしています。

クレジットカード会社は詐欺を防ぐために、さまざまな対策をしており、そのおかげでクレジットカード詐欺の規模が縮小しているのは確かです。

そんなカード会社の対策の1つが、ユーザー管理。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。