ウェアラブル翻訳機「ili」レビュー:活用するのにコツがいるけど、こりゃ便利

ITニュース

Photo:かみやまたくみほんやくコンニャク的なガジェットではないんですよね~。

2017年12月6日に先行発売されたウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」。

先行発売分が1時間で売り切れるという人気っぷり。

さっそく購入して使ってみました(外国旅行には行けなかったので、日本在住の外国人の方にご協力いただいて…という形ですが)。

ボタンを押すだけで自分の発言を翻訳してくれるiliの正面。

正面上部にあるボタンを押して話しかけ、指を離すと、翻訳されます。

側面に見える2つのボタンは、電源ボタンと翻訳言語切り替えボタンPhoto:かみやまたくみこれは何?:小型軽量な翻訳機価格:18,144円(税込)好きなところ:わりと頼りになる好きじゃないところ:声が変…iliは旅行に特化したハンディサイズの翻訳機です。

使い方自体は、以下の動画に示すようにとてもシンプル。

動画を見るボタンを押して話しかけ、指を離せば翻訳してくれます。

しかも、翻訳エンジンを内蔵しており、ネット接続は不要。

海外ではネット接続できないこともあるので、いつでも使えるという安心感があります。

加えて、翻訳スピードも十分に速く、ストレスはありません(甲高い読み上げボイスはどうにかならなかったのかって気がしますけど…)。

背面にはスピーカーがひとつ。

翻訳をすぐに読み上げてくれますPhoto:かみやまたくみこれだけだととても便利そうなのですが…。

「一方向翻訳」という弱点──質問しても答えが理解できないiliの対応言語は英語・中国語・韓国語。

とりあえず英語ネイティブと会話してみることにしました。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。